デザインアンテナ、船舶用テレビアンテナ、車両アンテナのことならフェニックステクノへ

開発の経緯

開発の経緯

1995 技術面の基礎となる「偏波合成方式」による無線通 信用アンテナの開発と、広帯域受信アンテナの開発に着手する。
1996 偏波合成方式による、430MHz用送受信アンテナを2機種発表し、専門誌の高い評価を受ける。本製品を使用したユーザーが各地のDX通信コンテストで、上位を占める高成績を得る。
1997 MTVシリーズの始まりとなる、船舶用の無指向性テレビアンテナをを3機種発表。諸官庁の艦船をはじめ、内航船、沖合い底引きの民間船まで、遠距離での受信を要求する船舶から高い評価を受ける。
1998 卓上用小型アンテナ「DTV-125」を発表。デジタル放送化に向けた、無指向性受信アンテナの開発に参加する。
2000 受信技術の基本となる、無指向性・高利得な通 信用アンテナで米国の技術特許を取得。この技術を使って民生用アンテナの、本格的な開発に着手する。
2001 耐久性を向上させた、船舶用の無指向性TVアンテナ、MTV- 「BOAT」「VESSEL」を発表。両機種を使用して、地上デジタル放送用アンテナの、基礎データ収集に大きく貢献する。
2002 MTVシリーズとして、「SCHOLE」を発表。本機をデジタル受信アンテナの原型として、各種データの収集に努める。
2003 石川県全域において、通 信・放送機構、北陸地上デジタル推進協議会の協力を得て、大手電機メーカーと共同で受信確認試験を実施。 実際のデジタル放送実験波を使用した、映像と音声の受信確認テストを実施する。TAO・北陸地上デジタル推進協議会に、「受信状況調査実験報告書」を提出する。地上デジタル放送受信アンテナとして、商品名「schole 1」を発表する。
2004 個人住宅への取付けを開始。
2005 新築住宅への設置が着実に増加。各住宅メーカーに対して、地デジ、ブースター、衛星放送用マルチアンテナの標準装備を提案。現在に至る。

お気軽にお問合せください。 TEL 053-430-1151 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

Copyright © 株式会社フェニックステクノ All Rights Reserved.